家族が増えたら                      

家族を被扶養者にしたいとき
被保険者に扶養されている家族のことを「被扶養者」といいます。
被扶養者となるためには、健康保険組合の認定を受けなければなりません。 家族を被扶養者としたいときは、下記の書類に必要事項を記入し、必要書類を添えて、5日以内に各事業所の健保担当者にご提出ください。 また、被扶養者の範囲は法律で決められています。(下記の表をご参照ください。)


当健保の認定条件 (条件は下記だけではありません。各社の健保ご担当者へお問い合わせください)
  1. 申請者が雇用保険を受給している場合は、扶養家族になれません。(国民健康保険の被保険者となります)
  2. 申請者は主として被保険者により、生計を維持されていること。
  3. 3親等内の親族で、本人と同居していること。
    (ただし配偶者・子・孫・本人の父母・祖父母・曾祖父母・兄姉弟妹は別居でも可 下図参照)
  4. 申請者の年収は130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満であること。
  5. 申請者の年収は被保険者の年収の半分未満であること。
  6. 別居の場合、申請者の年収以上を仕送りしていること。
    連続的に仕送りしていることの証明(銀行の振込み証明書、入金のあった通帳の写しなど直近3か月分)があること。(手渡しは不可)
  7. 申請者の就労は労働時間・労働日数どちらかが勤務先一般社員の3/4未満であること。

※その他、個々の実態について総合的に勘案し当健保が最終的に判断します。

年間収入又は月間収入に入るもの
  1. 給与所得(パート・アルバイト等毎月の固定収入)
  2. 年金・恩給
  3. 雇用保険による失業給付
  4. 不動産収入(貸地/貸家等の収入)
  5. 営業所得(自営業/雑貨商等の収入)
  6. 利息収入(株・銀行預金利息等の収入)
  7. その他収入と見做れるもの

 

家族が減ったら

家族が就職したときは
被扶養者認定に必要な添付書類一覧